デザイン技術書“以外”の、ここ4年間で私が読んだ35冊

2019.02.03 [CREATIVE]

業界的に、デザイナーの仕事の領域が広がっていく昨今。デザイナーがビジュアル表現以外に、コミュニケーションやマネジメント、企画・提案などをする機会も増えてきました。

私自身も、過去4年間に読んだ本を振り返ってみると、いろんなターニングポイントでデザインの技術的なスキルアップ“以外”の、人間関係や悩み系のものを結構読んでいました。デザイナーさんって感受性が高い分、こういう系統の本も役立つのではないかなと思ってます。

技術的なスキルだけにとらわれず、広い視野でたまには他の分野の本を読んでみるのも良いかもしれません。意外なところで自分の課題解決を発見する出会いがあるかも!

(本のタイトル下にある★マークは個人的なオススメ度です。)

目次(一覧)

1)WEB制作全体のフロー

  • 1. ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック3 Webディレクション
  • 2. 次世代Webサイト構築ワークフロー
2)コンセプトメイキング・企画提案

  • 3. BRIDGING ブリッジング
  • 4. バリュー・プロポジション・デザイン
3)チームビルディング・コミュニケーション

  • 5. ムーブ ユア バス
  • 6. 小さなチーム、大きな仕事―働き方の新スタンダード
  • 7. 職場の問題地図
  • 8. 人を動かす
  • 9. 「人を動かす」ために本当に大切なこと
  • 10. シリコンバレー式 最強の育て方
  • 11. 伝え方が9割
  • 12. みんなではじめるデザイン批評
4)人間関係・悩み

  • 13. レジリエンスの教科書: 逆境をはね返す世界最強トレーニング
  • 14. なぜ、一流の人はハードワークでも心が疲れないのか?
  • 15. 嫌われる勇気
  • 16. 幸福になる勇気
  • 17. 道は開ける
5)働き方・仕事術

  • 18. 最強の働き方
  • 19. 99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ
  • 20. 自分を捨てる仕事術
  • 21. 佐藤オオキのスピード仕事術
  • 22. 死ぬまでに仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉
6)生き方・自己マネジメント

  • 23. 17歳からのドラッカー
  • 24. 自らをマネジメントする ドラッカー流 「フィードバック」手帳
  • 25. 10年後、後悔しないための自分の道の選び方
  • 26. 自分の時間を取り戻そう
  • 27. 「私らしさ」のつくりかた
  • 28. 「やめること」からはじめなさい
7)業界トレンド

  • 29. デザイン思考が世界を変える
  • 30. デザインスプリント
  • 31. CEOからDEOへ
  • 32. デザインリーダーシップ
8)その他

  • 33. クリエイティブを共有!
  • 34. 「おそ松さん」の企画術 ヒットの秘密を解き明かす
  • 35. ファンタジア

1)WEB制作全体のフロー

BOOKウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック3 Webディレクション 第3版

★★☆

Amazonで詳細をみる

→ Web検の公式テキストでもある本書。Web制作の基本的なことを一通り知りたい時におすすめの一冊です。

BOOK次世代Webサイト構築ワークフロー

★☆☆

Amazonで詳細をみる

→ キノトロープのフレームワークです。事細かに書かれているので、どういう資料を用意したらいいか?どういう点を抑えてプロジェクトを進めたらいいのか?

2)コンセプトメイキング・企画提案

BOOKBRIDGING ブリッジング – 創造的チームの仕事術

★★★

Amazonで詳細をみる

→ 業界はWebの話ではないのですが、クライアントや外部パートナーと共にプロジェクトを進めるときのベースにすべきコンセプト設計の話が参考になりました。

BOOKバリュー・プロポジション・デザイン 顧客が欲しがる製品やサービスを創る

★★☆

Amazonで詳細をみる

→ 内容が翻訳なのもあって簡単そうにみえて使うのが難しいフレームワークなのですが、どういう観点でビジネスやサービスを考えていけばよいのかの触りとして。

3)チームビルディング・コミュニケーション

BOOKムーブ ユア バス

★★★

Amazonで詳細をみる

→ 組織論やチームビルディングなどビジネス書は難しいものが多いですが、この本はバスに例えていてデザイナーでもとても読みやすい内容です!チームの中での自分の役割を再認識したいときに。

BOOK小さなチーム、大きな仕事―働き方の新スタンダード

★☆☆

Amazonで詳細をみる

→ その当時にいたチームと当てはめづらいところもあったので、実践というよりスタンス寄りな内容です。

BOOK職場の問題地図 ~「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方

★☆☆

Amazonで詳細をみる

→ 人が増えてきたときにいろいろトラブルなど起きて悩んだときに買った本。

BOOK人を動かす

★★★

Amazonで詳細をみる

→ 著名な本ですね。何かチーム内で企画を行ったときや部下を持って悩んだ時に。私は「嫌われる勇気」の後に読んで、つながる内容で理解しやすかったので、その順番で読むのもいいかもしれません。

BOOK「人を動かす」ために本当に大切なこと

★☆☆

Amazonで詳細をみる

→ 上の「人を動かす」とかぶる内容もあるのですが、ざくっとまとめて読みたい時に。

BOOKシリコンバレー式 最強の育て方 ― 人材マネジメントの新しい常識 1 on1ミーティング―

★★☆

Amazonで詳細をみる

→ 1on1ミーティングというのをよく見かけるようになって、本屋で気になって購入した本です。この本参考にしながら実際に1on1ミーティング実践しました。

BOOK伝え方が9割

★★☆

Amazonで詳細をみる

→ コミュニケーションに苦手意識を持っていて、買った本。言い換え(伝え方)で相手に受け取り方が変わることを教えてくれる内容です。

BOOKみんなではじめるデザイン批評―目的達成のためのコラボレーション&コミュニケーション改善ガイド

★★★

Amazonで詳細をみる

→ このブログでも紹介した本です。人におすすめする時に、どうしても日本語だと「デザイン批評」が違う意味に捉えてしまうので、副題の方が内容だから!とよく言っています。

4)人間関係・悩み

BOOKレジリエンスの教科書: 逆境をはね返す世界最強トレーニング

★☆☆

Amazonで詳細をみる

→ メンタル強くしたいなと思って「レジリエンス」という言葉を知って読んだ本。内容難しめです。

BOOKなぜ、一流の人はハードワークでも心が疲れないのか? 実践版「レジリエンス・トレーニング」

★☆☆

Amazonで詳細をみる

→ 上の本をもう少し噛み砕いて実践したくて手にとった本。

BOOK嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え

★★★

Amazonで詳細をみる

→ いろんなところで取り上げられたので有名な本ですね。自分の考え方の癖や視点に気づかせてくれる内容でした。

BOOK幸せになる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教えII

★★☆

Amazonで詳細をみる

→ 「嫌われる勇気」の第2作。こちらはさらに具体的な実践編といったところ。

BOOK道は開ける

★★☆

Amazonで詳細をみる

→ 悩みすぎて何も手につかなくなったときに読んだ本。目の前のことをコツコツやる大切さを思い出させてくれます。

5)働き方・仕事術

BOOK最強の働き方;世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓

★★☆

Amazonで詳細をみる

→ 優秀な人たちが実践していることをまとめた内容。こういう本の実際に真似して試してみるのも◎。

BOOK99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ

★☆☆

Amazonで詳細をみる

BOOK自分を捨てる仕事術-鈴木敏夫が教えた「真似」と「整理整頓」のメソッド-

★☆☆

Amazonで詳細をみる

→ まずは真似をする。その先に自分の個性がみえてくる。

BOOK400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術

★★☆

Amazonで詳細をみる

BOOK死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉

★☆☆

Amazonで詳細をみる

6)生き方・自己マネジメント

BOOK17歳からのドラッカー

★★☆

Amazonで詳細をみる

→ ドラッカーって?と、いきなりビジネス書だと内容が難しかったので、最初に読んだ本。

BOOK自らをマネジメントする ドラッカー流 「フィードバック」手帳

★★☆

Amazonで詳細をみる

→ 自分の短期的・長期的の目標設定や日々の振り返りを実践したいときに役立ちます。

BOOK10年後、後悔しないための自分の道の選び方

★☆☆

Amazonで詳細をみる

→ これからどうしようとすごく悩んでいた時に手にとった本。まずは決める→動くというのが印象に残ってます。

BOOK自分の時間を取り戻そう―ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

★☆☆

Amazonで詳細をみる

BOOK「私らしさ」のつくりかた

★★☆

Amazonで詳細をみる

→ セルフブランディングに役立つ内容です。

BOOK「やめること」からはじめなさい

★☆☆

Amazonで詳細をみる

7)業界トレンド

BOOKデザイン思考が世界を変える

★★☆

Amazonで詳細をみる

→ 「デザイン思考」という言葉が出だしたときに、一番最初に手にとった本です。「デザイン思考」ってなんだ?と思ったら、まずはこの本を読んでみると良いかもしれません。

BOOKデザインスプリント ―プロダクトを成功に導く短期集中実践ガイド

★★☆

Amazonで詳細をみる

→ デザイン思考を実践するための一つのフレームワーク。具体的な実践内容なので、ワークショップをやるときのベースの参考として1冊持っておくと◎。

BOOKCEOからDEOへ – 「デザインするリーダー」になる方法

★★☆

Amazonで詳細をみる

→ デザイナー出身者が会社を立ち上げることも増えてきた、そのデザイナーなりの視点のリーダー論。

BOOKデザインリーダーシップ – デザインリーダーはいかにして組織を構築し、成功に導くのか?

★★☆

Amazonで詳細をみる

→ 海外の例なので、なかなか日本での自分ごとに置き換えるのが難しいですが、トレンドとして世界のことを知っておくのに良い本です。

8)その他

BOOKクリエイティブを共有! SHOW YOUR WORK! “君がつくり上げるもの”を世界に知ってもらうために

★★☆

Amazonで詳細をみる

→ SNSで簡単にシェアすることができるようになった世の中で、改めて自分の作ったものをどうして・どうシェアするのか考えさせられる一冊。

BOOK「おそ松さん」の企画術 ヒットの秘密を解き明かす

★★☆

Amazonで詳細をみる

→ おそ松さんがすごくヒットして、なぜだろう…?と思ってた時にたまたま本屋で出会った本。なるほどな〜!って感じでした。

BOOKファンタジア

★★★

Amazonで詳細をみる

→ 創造力とは何なのか?デザイン思考などロジカルな視点が増えてきたからこそ、この本は逆に新鮮で気づかせてくれることがたくさんあり面白かったです。

最後に

オススメの本だけにしようとも思いましたが、きっと私自身読んできた本の内容の継ぎ接ぎを実践しているので、最後まで読んだ&自分で持っている本を載せてみました!

何かに悩んだときに、すぐに相談できて的確にアドバイスしてくれる人がそばにいれば良いのですが、なかなかそうはいかないもの。

私自身、本を読むのが特別好きという訳ではなく、読むペースも遅くて年間で読む冊数も少ないです。ですが、頭の中がもやもやしたときに、本屋さんへ行って目に留まった本を読むようにしています。

いずれかの本がみなさんの何かのキッカケになりますように。

Thank you : Photo by Liana Mikah on Unsplash

ツイートする