アイキャッチ画像

デザイナーの私がプライベートで愛用してるツール、こんな使い方してるよ

便利なものが続々と登場するWebツールやアプリ。私も新しいものをいじるのが好きなので、ついいろいろ増えてしまいがちです・・。さすがに、そろそろ整理しようかなと思いまして、見直しも兼ねて私が愛用しているWebツールやMacのデスクトップアプリなどをまとめてみました!

(1)ネタ・アイデア収集用のツール

Evernote

evernote

私の使用場所:Macデスクトップアプリ、iPhoneアプリ、Chrome拡張機能

とにかく思いついたこととか気になった記事とか、雑多にメモする用に使ってます。あと、ブログやnoteの下書きもEvernoteを使ってます。一応ノートブック(フォルダ的なもの)には分けていますが、整理術でよくあるタグ付けはあまりしてません(笑)。

こんな機能が便利

・Chromeの拡張機能で記事の内容をまるっと保存できる「Evernote Web Clipper
・iPhoneの共有からEvernoteへさっとブクマできる
・iPhoneのスキャンアプリ「Evernote Scannable」が地味に便利

公式サイト:https://evernote.com/intl/jp/
料金:無料、プレミアム¥600/月、ビジネス¥1,100/ユーザ/月(詳細

Pinterest

Pinterest

私の使用場所:Webブラウザ、iPhoneアプリ、Chrome拡張機能

デザインの参考集めだったり、自分の部屋のインテリア妄想収集したり。Evernoteが文字のメモ帳なら、Pinterestは画像のメモ帳といったところです。

こんな機能が便利

・Chromeの拡張機能で今見てるサイトの画像がPinできる「Pinterest 保存ボタン
・iPhoneのウィジェットに設定できるので眺めるの楽しい(参考記事:iOS14 ウィジェット機能で Pinterest をもっと身近に | Pinterest Japan 公式ブログ

公式サイト:https://www.pinterest.jp/
料金:無料

(2)まとめる用のツール

Milanote

Milanote

私の使用場所:Macデスクトップアプリ

いわゆるホワイトボードのようなツールなのですが、miroの方が認知度高いのでそれと似たようなものだと言うと想像しやすいかもしれません。ただ、miroだと自由度が高すぎる、一方notionだとテキストやテーブル主体になってしまう、その間をとったようなツールです。デザイナーだと画像を扱うことも多いので、画像データもペタペタ貼って整理できるのが◎

こんな機能が便利

・英語だがWebやUI/UXプロジェクト向けのテンプレートが素敵、まとめ方が参考になる
・他の人にシェアできる(チームで利用することも可能です)

公式サイト:https://milanote.com/
料金:無料、有料$9.99/月、チーム$49/月(詳細

Google スプレッドシート

Google スプレッドシート

使用場所:Webブラウザ、iPhoneアプリ

家計簿や見積もりなど、表計算が必要なもので利用しています。過去に家計簿アプリもいろいろ試したのですが、なんだかんだ自分のちょうどいい情報量で一覧性があるスプレッドシートに落ち着きました。

過去の記事でも紹介した私の家計簿

家計簿
こんな機能が便利

・iPhoneアプリもあるので、出先でちょっと確認したい・修正したいときに便利です
・昔はなかったのですが、最近はグループで「+」「-」で開閉できたり(参考記事)、セル内に画像が貼れるようになったり(参考記事)、だいぶExcelで出来てたことができるようになってきてます

公式サイト:https://www.google.com/intl/ja_jp/sheets/about/
料金:無料

(3)保存・観賞用のツール

Tumblr

Tumblr

私の使用場所:Webブラウザ

自分の好きなテイストで綺麗に並べて眺めたい時ありませんか?私はあります!ということで、テンプレートが豊富なTumblrで、気に入った自分の好きなWebサイトを並べて眺めたいだけの偏愛ブクマ的なものを作ってます。写真のアルバム的な立ち位置かもしれませんね。

私の偏愛ブクマ用Tumblr

utsukushi-bkm

こんな機能が便利

・無料でも綺麗なテンプレート(テーマ)が豊富
・ブログとSNSの間のようなUIなので、投稿が簡単でサクッとできる

公式サイト:https://www.tumblr.com/
料金:無料

最後に

インプット→アウトプットの順を意識してご紹介してみました!(そういう意味では私の場合はブログやnoteも入ってくるかもしれませんね!)
すでにご存知のツールも多いと思いますが、改めて自分の使いやすい、かつどんな用途で利用しているのかを見直してみてもいいかもしれません。私はプライベートの利用ではしばらくはこの5つに落ち着きそうな感じです。