アイキャッチ画像

最近流行りのレトロな雰囲気が素敵な、Webサイトデザイン事例8選(2022年10月)

2022年の注目グラフィックデザイントレンドとして、海外のサイト99designでも取り上げられていた「レトロ」テイストなデザイン。実際、グラフィックだけでなくWebサイトでも今年はレトロなデザインを多く見かけました。

今年も終盤に差し掛かってきて、私が日頃から溜めているブックマーク集にもレトロなものが溜まってきたので、いくつかピックアップしてご紹介します!
90年代ポップよりも、少し落ち着いたもの寄りです。

1. ポップでどこか懐かしいイベントサイトたち

その年のトレンドはイベントやカンファレンスなど期間が決まっているサイトなら取り入れやすいため、トレンドを全面的に活かしたサイトはその系統のものが多く目に付きます。

Awwwards Conferenceのキャプチャ画像

Awwwards Conference – An Event for UX / UI Designers and Web Developers

2022年9月にアムステルダムで行われたAwwardsのカンファレンスサイトです。
タイポグラフィのシンプルな構成によって、キャラクターのアニメーションが際立っています。

デザインアンヌアーレ2022のキャプチャ画像

デザインアンヌアーレ2022

デザイナー向けのポートフォリオ作成サービスを展開しているViViViTのイベントサイトです。独特なオブジェクトや配色で、レトロさがありつつどこか不思議な雰囲気を醸し出していますね。

Chatwork Product Day 2022のキャプチャ画像

Chatwork Product Day 2022

オンラインコミュニケーションツールのチャットワークのイベントサイトです。ブロックのオブジェクトでポップさがありつつ、太い線を使うのがポイントですね。

2. 食品系と組み合わせた個性的なサイトたち

商品や店舗を紹介するサイトでも、その世界観とトレンドがマッチしていると活かしく、より個性的なものになりますね。

ドラマチックカリーのキャプチャ画像

ドラマチックカリー ゴールデン中崎

カレー店のサイトです。ノイズテクスチャをアニメーションさせる表現も面白いですね。

Cabiのキャプチャ画像

Cabi | Japanese flavors delivered straight to your home – cabifoods

日本の調味料の商品を紹介しているサイトです。朱色が印象的で、右側のメニューが特徴的ですね。

粥粥好日のキャプチャ画像

粥粥好日 | アジアを味わう、新感覚お粥。

お粥のプロダクトのサイトです。漢字と上手く組み合わせて、今っぽい配色で渋さを感じさせないバランスがいいですね。

3. ベージュ系で落ち着いた雰囲気のサイトたち

モノトーンではなく、温かみのあるベージュとタイポグラフィの組み合わせで、シンプルだけどノスタルジックな雰囲気になります。

MARNONのキャプチャ画像

MARNON マルノン|オーダーパンプス

女性向けのオーダーシューズのサイトです。少しグレーみのあるベージュは大人の雰囲気も出ていいですね。

Awwwardsのキャプチャ画像

Awwwards – Website Awards – Best Web Design Trends

海外の有名なWebサイトデザインのアワードサイトです。この記事に最初にカンファレンスのサイトを取り上げましたが、本体サイトもガラッと変わっていて驚きました!

こうやってみるとレトロと一言でいえども、いろんなタイプがありますね。
流行は繰り返すと言いますが、現代と組み合わせることで、ニュー・レトロみたいな、そのまま昔の流行を表現するだけでなく、今年ならではの表現になるのをみるのは楽しいものです。

流行りがあればもちろん廃りもあるので、上手く取り入れていきたいですね。

Thanks: Photo by Travis Yewell on Unsplash